Top

日々のこと、愛猫のこと、時々書いていきます。      管理人 miko            愛猫  菜々
by meeshan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
"Horse1" Skin by Animal Skin
カテゴリ:菜々のこと( 7 )
Top▲
2007.10.14
c0125734_17375549.jpg

      菜々は、レジ袋の音が嫌い!
      ゴミ袋やレジ袋の音がすると、この場所へ非難。
      終ったかな?とここから見てます。
[PR]
Top▲ by meeshan | 2007-10-14 17:40 | 菜々のこと
先日の
凄いカミナリの日のショット。
9~11時まで、近くに遠くにと雷の音も大きく小さく^^;
菜々さん、ビビッテました。

      ん~! カミナリかっ(〇o〇;) はわわ
c0125734_12152472.jpg

       早く終らないかなぁ~
c0125734_12155943.jpg

       もう嫌ぁ~
c0125734_12191559.jpg

    興奮して、お鼻が濃いピンクになってますね ^m^ ぷぷ
[PR]
Top▲ by meeshan | 2007-09-02 12:21 | 菜々のこと
甘えん坊
     甘えん坊で、構ってほしい、でも抱っこは嫌い、構われすぎはイヤ!
     猫らしい猫なのかな。
c0125734_1021090.jpg

ナデナデ大好き、10分でも20分でもナデナデされてます。
満足すると、プイッと行ってしまう。
[PR]
Top▲ by meeshan | 2007-08-03 10:22 | 菜々のこと
キャットニップ
     菜々は、またたびより、キャットニップの方が好き♪
c0125734_9315886.jpg

[PR]
Top▲ by meeshan | 2007-08-02 09:33 | 菜々のこと
マタタビの枝
爪とぎに付いている粉のマタタビには反応が無い。
マタタビの枝と実には反応する。
でも、酔っていると言うより、玩具感覚。
古いマタタビの枝を齧ったり、放り投げたり。
c0125734_1423438.jpg

所謂「マタタビに酔う」と言う感じなのが「キャットニップ」
これには、「食べる・すりすり・ごろんごろん」の三拍子。
[PR]
Top▲ by meeshan | 2007-07-31 14:33 | 菜々のこと
カミナリ探知機
菜々はカミナリが嫌い。
小さい時はカミナリがなってても平気だった。
いつの間にか、この2年ほどの間に嫌いになった。
多分、ドッカ~ンと凄いカミナリにあってからの事だと思う。
私がまだ何も感じていない時に「にゃ~ぁ!」と言いながらリビングに駆け込んでくる。
c0125734_14361869.jpg




   ドキドキしてる菜々。





抱っこしても、傍で撫でても、何をしてもダメ!
当てにされてないわたし。
でも、必ずリビング(私のいる所)へやって来るのだから、ある意味頼りにされてる?
c0125734_1440233.jpg

カミナリがなると、ドキドキするので、瞳孔は開き興奮!
なので、お目々真っ黒
お鼻はピンク。
可愛いの何の♪




c0125734_14465769.jpg
ついつい怖がってるのに、
写真撮りまくりぃ~^^;
えらい迷惑な事で・・・
[PR]
Top▲ by meeshan | 2007-07-30 14:50 | 菜々のこと
小さい時は
今では「幻の猫」と呼ばれる菜々。
小さい時も、考えればその兆しはあった。
猫と暮らすのは初めてだったので、仔猫というものを良く知らなかった。
寝ると触っても平気で寝てるのが仔猫。
でも、菜々は違った。
すぐに懐いたのだから、人間不信ではなかったようだ。
遊んで疲れて寝る時は、コタツの上で私の腕枕で寝ていた。
だけど、腕を少しでも動かすと、起きてしまう。
テレビのリモコンを傍に置いて、じっとしていた。
もっと手荒に扱った方が良かったのかなぁ~
c0125734_21455424.jpg今でも目ざとく、動くとすぐに眼を開ける。
可哀想なくらいドキドキしてることも。
こればっかりはどうしてあげることも出来ない。




ただただ怖がりなだけ。
保護した時は、怖くて、ご飯をちゃんと食べれなくて、動けなかったようだ。
でも、傍にいる時は、こんなにノンビリまったり寝ているんだよな。
気を許して寝ているのは、可愛い♪
[PR]
Top▲ by meeshan | 2007-07-26 21:52 | 菜々のこと
| ページトップ |